こんにちは、Cieloです。今回は先手嬉野流での対石田流の考察をしていきたいと思います。

1. 対策決定版と思われていた構想
他の方の将棋を見ていると、よく嬉野流での2枚銀にて石田流を抑え込む構想を見かけます。実際に私も採用していた時期があったのですが、石田流側に対抗策が有ることが判明したため、この作戦採用を断念しました。
嬉野流対石田流課題局面 基本図

上記の図が基本図になります。ここで後手の手番となりますが、△6二玉などの手を指していると嬉野流の2枚銀が炸裂します。参考図以下指し手△6二玉▲3八銀△3三桂▲2七銀△4四歩▲2六銀

嬉野流
嬉野流側の狙いに気づき、桂馬と歩で銀を追い払おうとしましたが間に合わず、追い払えません。こうなると石田流側はかなり厳しくなります。高段者の方でも時間の少ない切れ負け将棋ではこの筋をくらってしまう場面を見かけますが、石田流側が最善を尽くせば後手番でもこの2枚銀を防ぐことができます。

1.2.銀を追い払う△4四歩

石田流側の対策
この△4四歩が石田流側の2枚銀対抗策で、この歩を突いておくと2枚銀を防ぐことができます。以下▲3八銀△3三桂▲2七銀△4五歩

と嬉野流側の4六の銀を追い払う事ができます。こうなると嬉野流側の右銀が遊んでいる+右銀のさばき方が難しい事から、嬉野流側かなり厳しい戦いになります。よって、参考図からの△4四歩に対しては別のプランを立てる必要がありそうです。ただし、この4

・相振り飛車はどうなのか?
相振りも選択肢としてはなくはないと思います。ですが石田流の角、桂が非常にさばきやすく攻め手に困らないので序盤から主導権を握られやすいです。また相振りを選択すると端角ではなく、普通に角を使用してくる場合が多いので嬉野流側は左桂を活用するのに苦労します。

相振りにおいて左桂をさばけないとなると、それだけでもかなり辛いです。相振りで指すのであれば銀を5七銀型で待機しておき、左桂馬を活用する含みを残したほうが良いかと思います。

2.石田流に対し積極的に動く作戦
2枚銀の作戦は石田流に最善を尽くされると成立しないという事がわかりました。という事で、石田流に対する別の作戦を用意してみました。石田流側の駒組みにもよるのですが、互いに囲い合った状態での展開を予想してみましょう。

嬉野流参考図2
嬉野流側も鳥刺しの陣形に組み、石田流の美濃囲いとの決戦に備えます。参考図2では先手の手番になりますが、ここからが作戦の分かれ道になります。


対抗系1:1八飛車型
1八飛車

対抗系2:浮き飛車対抗型
浮き飛車対抗

この図の後の変化は後日上げられたらと思います。一応それぞれの狙いだけ先に伝えておくと、対抗系1では単純に端からの突破を目指し、対抗系2では銀のさばきを含めた乱戦含みの構想になります。双方とも▲1六歩から開戦しますが展開がまったく異なってくるのでそこから先は個人の好みになるかなと思います。

それでは、今回はこのあたりで失礼します!

・他の将棋関連記事へ

・TOPへ戻る