嬉野課題図

こんにちは、元図書館司書のCieloです。本日はブログをご覧いただき、ありがとうございます。さて今回は新嬉野流の課題局面ともいえる上記の図に関して「どう対応すればよいのか?」という事を検討していきたいと思います。その前に気になる点から解説していきましょう。

①これって受かってるんじゃないの?

受かってますが、この利かしの効果でこちら側は棒銀をする事ができません。さばいた銀を一気に歩の頭に放り込まれたらゲーム終了となってしまいます。

②ここからの相手はどんな攻め筋があるの?

一番多いのが△3四歩と角道を開けた後、△7四歩と角道をこじ開けにくる手です。もちろん放っておくと、△7五歩→△7六歩と伸ばされ、▲同歩には△8八角成でゲーム終了です。▲同歩としなくても、△7七歩成▲同桂△7六歩で嬉野側劣勢です。


という事で、この手に対する有効な対抗手段を用意しておかなければなりません。ここで有力な対抗策を載せたいと思います。


・端角対抗型
端角対抗型

基本図から数手進めたこの局面、ここで端歩を突き、端角にて飛車に当てる動きを見せます。ここで相手の対応としては
①飛車を引く
②5筋の守りの為に金銀を動かす

の2パターンに分けられますが、ここでは①の変化の一例を見ていきましょう。
▲9七角→△6二銀 →▲8六歩打→△9四歩→▲8七金

結果図↓
変化の一例

これで相手の攻めをしっかり受け止めています。この局面で相手は歩切れなので、嫌味をつけることもできません。金が手堅く、端の角頭をしっかりケアしている為、9筋からの攻めも通りません。この後の嬉野流側の駒組としては、まずは引き角にしてから向かい飛車or金冠のような囲いで戦うことが想定できます。

ここからは完全に力戦なので、自分の好みに合わせて手を決めていきましょう。

今度は一見危なそうな飛車を引かないパターンを見てみましょう。

端角対抗系変化例
飛車を引かない狙いは角が端に出た後、角頭の歩を掠め取る事です。これにより歩切れを解消しつつ、後の変化によっては飛車角交換もしようといった手ですが、これにも対抗策があります。それはやはり8七金です。以下▲8七金→△9四飛車→▲9六歩打→△8四飛車 →▲8六歩打→△9四歩→▲7九角まで
変化例②
この変化では先の変化に比べ、①相手に歩が一枚ある ②嬉野側が歩切れといった違いがあります。
▲8六歩打の局面で飛車を向かい飛車に振りたくなりますが。その場合は△8二飛車と引かれ、棒金の動きを見せたら△7二金とがっちり守られて容易ではありません。

それに比べて上記の図なら振り飛車、居飛車と両方選択できるため、その分作戦の幅が広がり得という理屈です。

また▲8七金のところで、一目飛車と角を交換して乱戦になるのではないかとも思うかもしれませんが、その変化は嬉野流側有利です。以下参考図

参考図
この飛車は▲同香と▲同金の2択ですが、居飛車のまま穏やかに駒組したいのであれば▲同香車、向かい飛車志向で乱戦模様にするのであれば▲同金を推奨します。▲同金の場合、相手次第ではありますが、後手に暴れる順があります。▲同金以下→△7九角打▲6八銀△8八歩打▲7九銀△8九歩成▲6八銀△9九とまで

大暴れの変化一例
この変化は嬉野側有利とは思われますが、後手もいろいろと手を作れそうな局面なので、この変化に自信がなければ飛車を▲同香と取ることをおすすめします。それならば△7九角からの暴れる筋はありません。

仮に▲同金の後に後手が△7一金など自陣整備をしつつ駒組を始めた場合、すぐに向かい飛車に振ると△7九角が激痛になってしまうので、一端6九玉と寄る等自陣整備をしましょう。

以上、課題局面からの変化の一連を挙げてみました。