crow-3299775__340

こんにちは、カラス好きの元図書館司書Cieloです。本日はブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、今回はカラスについてあまり詳しくない方向けに、少しでもカラスに興味を持ってもらえるよう記事を書いてみたいと思います。という事で、カラスの見分け方について簡単に説明させてください!

日本にいるカラスの大半は、2種類のカラスが占めています。それが「ハシブトガラス」「ハシボソガラス」です。両者には明確な違いがあるのですが、私自身カラスが好きになる前は「カラスに種類なんてあったの?」っていう感じでしたから、今回改めて大きな違いがあるという事を伝えたいと思います。

~ハシブトガラス~

ハシブト
ー特徴ー
・体と嘴がハシボソガラスに比べると若干大きい。また嘴がアーチ状になっているのも特徴的。「カァー」と鳴く。おでこから頭のラインがハシボソに比べて盛り上がりぎみ。正面からみるととても面白い顔をしている(知り合いは宇宙人みたいだと言っていましたw)。もちろん童顔の子もいます。

・また、体の構造的にてくてく歩きがしにくいため、スキップして移動する事が多い。地表に長居することはせず、木や建物の上にいる事が多い。

・声がとてつもなく大きい。森なら数キロ離れたところからでも声がしっかりと聞こえる。

~ハシボソガラス~
ハシボソ
ー特徴ー
・体の大きさはハシブトよりも小さい個体が多い。嘴もハシブトより小さく、真っ直ぐな感じ。

・「ガァ~」と濁った声で鳴く。おでこから頭にかけての盛り上がりはハシブトに比べて落ち着いている個体が多い。(毛が逆立ってハシブトに見える個体もいるにはいる)

・童顔、正面からみると超可愛い。(横も可愛い)なんとなくあどけなさが残る顔立ちをしている。

・よく地面を歩いている。てくてく歩いては地面を突っついて餌を探している。


大まかな見分けポイントはこれくらいかと思います。


~近くにいるカラスはどっち?~
実は、現代人の多くはカラスの声を「生活雑音」として耳に入れている為、耳にはカラスの声が入っていても脳がはじいてます。都会の喧騒、電車の音、車の音などと同じように処理してしまっているんですね。なんともったいない。。。

ですが、この記事を読んだ後、カラスの声が聞こえたら少し耳を傾けてみてください。そのカラスは「カァー」と鳴いていますか?それとも「ガァー」と鳴いていますか?はい、これに気づくだけで区別をつける事ができるんです。

いったん気付くと面白いもので、自然と声が耳に入ってくるようになってきます。駅のホームで電車待ちしている時、外で休憩している時、何気なく耳、目に入ってくるカラスの情報で楽しむことができるようになってきます。

一般の人はほとんどカラスの区別がつきません。話のネタとしても、とても面白いと思いますよ!