久しぶりの更新となりました、Cieloと申します。本日はブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、今回は嬉野流での相振り飛車について解説したいと思います。嬉野流の強みとして、相手が振り飛車できた場合に鳥刺しか相振り飛車かを選ぶことができ、自分の棋風によって作戦を選択することができます
嬉野流向かい飛車基本図
さて、上記の図がその一例となります。四間飛車に対してはそのまま鳥刺しでも十分有力な指し方ですが、もちろん相振りを選択するのも有力です。嬉野流側としては、四間飛車相手は特に相性が良いような感じがします。また三間飛車、向かい飛車、中飛車に対しては、個人的には相振りをおすすめしたいです。

この形を最初指される方は、「こっから何すればいいんだ?」といった漠然とした悩みを持つのではないか思いますw という事で、基本的な狙い筋をいくつか挙げていきたいと思います。

1.攻めの構想
この嬉野流向かい飛車からどういった攻め筋があるのかを挙げていきます。しかし、そのためには相手がどの囲いを選択してくるのかを見極める必要があります。ここでは実戦でよく出てくる美濃囲い、金無双を相手が選択すると想定します。

・対金無双
対金無双基本図
向かい飛車側の飛先の歩を早めに決めた場合、金無双で対抗してくる場合が多いです。これは相手側で考えるとよくわかるのですが、5七銀をいつでも攻めに参加させらるので、棒銀で速攻される場合を想定すると、玉頭の固い金無双を選択するのが無難で安全なんですね。

ここで歩を交換するor囲いにいく手ももちろん有力ですが、とりあえずは攻めの構想の一端を見ていただきたいと思います。

・金無双の兎の耳
金無双の弱点といえば「兎の耳」が有名ですね。なのでそこを突く構想を立てていきます。上記の基本図から数手進めます。
一例
上記が一例ですが、コビンを攻めるべく▲6六歩と突いていきます。その後、相振り四間飛車でよくある手筋なのですが、歩の2枚交換の手筋を狙う事ができます。先に▲6四歩と突き捨て、△同歩の後に▲8四歩と突きます。

そして△同歩としたのが上記の図になります。ここから▲同飛車の後に歩を守る為に△6四金左とするのは、金無双の強みである「陣形が低く争点を与えづらい」というメリットを消してしまっており、なおかつ金が攻めの絶好の標的になってしまいます。

よって、無難に△8三歩と我慢しますが、そこで▲6四飛車と歩を取っていくのが相振りにおける歩の2枚交換の手筋で、序盤から2歩交換or飛車を手順で四間に配置といつでも6筋に嫌味をつける事が可能になります。

・対美濃囲い
美濃囲いも実戦ではそこそこに出てきます。相振りでの美濃囲いは入場せずに、7一や7九の下段に待機しておいたほうが得になることが多いのですが、5七の銀での棒銀を見せる事により、無理やり入場させます。美濃囲いで棒銀を防ぐには玉を入場するのが一番手っ取り早いので、多くの人は下記の図のように受けてくるかと思います。

対美濃
また美濃囲いは、高美濃囲いor矢倉へと発展する非常に優秀な囲いですので、もたもたしていると堅陣に組まれてあっという間に作戦負け模様となってしまいます。そうさせない為に、5七の銀での攻めを見せ、相手の囲いの発展を防ぎます

さて、ここから数手進めて相手から浮き飛車にする等の動きがなかったとします。そうすると相振り向かい飛車にて有名な手筋が炸裂します。歩を1枚持っていることが条件なのですが、端を絡めて一気に手を作りに行きます。

手筋
以下一例の手順
▲5七角△4六歩▲9五歩△同歩▲同香△同香▲8四歩△同歩▲8三歩まで
有名な対美濃の玉頭攻めの手筋で、一気に美濃囲いが崩壊してしまいます。▲8三歩を△同銀としたなら
以下
▲8四銀△同銀▲8三歩△7二玉▲8四飛車となり美濃が崩壊します。実戦でよく出てくる手筋なので、覚えておくと攻め幅が広がり勝率アップにつながります!

ざっと攻め筋を挙げてみましたが如何でしたでしょうか?
次回は嬉野流振り飛車における理想的な囲いや、本家の方がよく採用している攻め筋などを紹介できればと思います。


↓嬉野流使いのバイブル
奇襲研究所(嬉野流編) (マイナビ将棋BOOKS) [ 天野貴元 ]


~嬉野流の関連記事~
・嬉野流~参考動画集~

・嬉野流関連記事~研究編~

嬉野流関連記事~参考書籍編~


・他の将棋関連記事へ


・TOPへ戻る