こんばんは、元図書館司書のCieloです。本日はブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、最近嬉野流を指していて、左美濃を対策に使う方が多くなってきた印象を受けます。なぜかなーと思ってyoutubeで動画を検索していると、元奨励会の方で嬉野流対策として左美濃を採用している方がいて、「間違いなくこの方の影響だ!」と確信しましたw

今回は嬉野流に対する左美濃囲いに対して、嬉野流視点で見ていきたいと思います。

例の動画




嬉野流 対 左美濃の相性

嬉野流側を持つと、正直左美濃はありがたい気がします。というのも、単純に美濃囲い自体は玉頭が弱点なので棒銀が通りやすいからです

動画の元奨の方は、棋力もそうですがたくさんの研究を重ねているので、その棋力と研究があったからこそ成立したのかなという印象を受けました。

相手に速攻棒銀を見せられると、嬉野流側は左銀を防御に回さざるを得ませんが、右銀での棒銀が狙えます。↓参考図

嬉野流参考図

嬉野流側のポイントとしては、右銀で攻めを見せるのと同時に「右銀で角道を塞がない事」と早めに「飛車の横効きを通す事」です。これにより相手の攻めを受けつつも、こちらの主張を押し付けていく事ができます。

また、居角左美濃囲いの弱点として、嬉野流相手には角をさばき辛いという点があります。なので相手の攻めさえ止めてしまえば、こちらは悠々と角頭を標的に棒銀をするだけで相手は徐々に苦しくなっていきます。

~結論~
動画の方の様に研究を重ねれば居角左美濃が有効になると思うのですが、そうでない場合には基本左美濃側が不利かと思われます。安定して嬉野流側の攻めを受けるのであれば、2二銀型の(菊水矢倉のような)争点を与え辛い低い陣形の囲いの方が良いと考えます。

それでは今回はこのあたりで失礼します!

↓嬉野流使いのバイブル
奇襲研究所(嬉野流編) (マイナビ将棋BOOKS) [ 天野貴元 ]


~嬉野流の関連記事~
・嬉野流~参考動画集~

・嬉野流関連記事~研究編~

嬉野流関連記事~参考書籍編~

・他の将棋関連記事へ


・TOPへ戻る




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村