83f5c25d56166835c5d5931a243f2317_t

こんにちは、カラス好きの元図書館司書Cieloです。本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は級位の方向けに、「将棋上達の一番簡単な方法」をテーマに記事を書いていきたいと思います。
business-2648052__340

そもそも将棋の強さとは?
将棋の強さとはどういったものでしょうか?「序盤の知識が豊富」、「中盤でのねじりあいが得意」、「詰将棋が得意なので終盤に強い」などいろいろあると思いますが、これらの総合力=将棋の強さとして良いでしょう。どれかが圧倒的に欠けていたらどんなに他の部分が良くても駄目にしてしまいます。

~終盤の大切さ~
しかし、将棋というのは終盤での逆転がよく起こります。詰みの速度計算を誤り先に詰まされるor意表を突かれる一手からの悪手で一気に逆転などよく経験した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

つまり、「将棋はアマチュアにおいては終盤力を鍛えれば鍛えるほど強くなりやすい」と言えるのではないかと考えます。

~詰将棋を解く~
よく本や雑誌、ネットでも詰将棋の問題がありますよね
それです。その詰将棋を解くのが一番簡単な方法です。

詰将棋というのは単に終盤力を鍛えるだけに留まりません。考えてみてください。詰将棋を考える時は、相手の最善の応手も考える必要があり「受けの手も同時に考えています」。つまり相手玉を捕まえる力と自玉を安全にする力、両方を鍛えていることになります。

また詰将棋をたくさん解いていると、序盤中盤においても技をかけるポイントや急所などが見えてくることがあります。これも詰将棋の恩賜で、読みの力や意表の手筋などを覚えることによって、それが脳内にインプットされて序盤中盤にも役に立つのです。

c30dd63823e66f527b31735329be60f6_t

~まとめ~
以上、将棋上達の簡単な方法=詰将棋を解く事と私は提案させていただきます。ただ最初から難しい詰将棋をやるのはおすすめしません。簡単な3手詰あたりから初めて、ほぼ解けるようになってきてから5手詰など、徐々にレベルを上げていくのをおすすめします。

ネットで「将棋ゲーム 将皇」というサイトがあり、こちらでは無料で詰将棋やCPU対局、.KIFファイルがあれば棋譜検討をすることもできるので、ぜひおすすめさせていただきます。

それでは今回はこのあたりで失礼します!

・他の将棋関連記事へ

・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村