314770458f17327e2724f90d36ebe849_t

こんにちは、カラス好きの元図書館司書Cieloです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、今回紹介するのはノーマル三間飛車の本で、著:大平武洋先生の「これだけで勝てる三間飛車のコツ 」です。

こちらの三間飛車本は私が今までの記事で紹介した三間飛車本よりも、基本に充実なノーマル三間飛車を扱っています。ノーマル振り飛車というのは今でこそ角交換振り飛車やシステム等の新戦法が台頭してきましたが、それでもノーマル四間飛車やノーマル三間飛車も根強いファンが多い印象を受けます。

~本書の構成~
こちらの本は以下の章で構成されています。
1章.三間飛車三つのコツ
2章.三間飛車のコツ 急戦対策
3章.三間飛車のコツ 居飛車穴熊対策
4章.三間飛車のコツ 左美濃対策
5章.囲い別攻め筋
6章.実戦で出やすい形


個人的にうれしいポイントは、1章で三間飛車の特徴をわかりやすく説明してくれているところですね。本書では例として四間飛車との違いを挙げていますが、参考図で軽く解説してみます。↓参考図1
将棋 基本図@

簡単に三間飛車と四間飛車の基本図を作ってみました。ここで注目するべきは左銀の位置。四間飛車側は7八に銀がいる為、活用するのであれば6七銀と上がるか、角交換に備えて待機と動きが限定されますが、三間飛車側は6七だけでなく、5七銀と中央に使える事ができるので作戦の幅がその分広がります

また美濃囲いの理想形として「真部流」といわれている形があり、三間飛車では中央に銀を活用できるので、この形を作戦に含めることができます。本書での3章,4章では真部流で囲いを攻略していく手順を解説していきます。↓参考図2
真部流
こちらも石田流のように振り飛車の理想形の一つですね。4筋の位をとって攻撃に特化しつつも高美濃の防御も備えた非常に優秀な囲いなのですが、組むまでの手数が気になります。3七桂馬を跳ねる形がほとんどなのですが、防御重視の方は跳ねない選択肢もあります。

~三間飛車党の入門書的存在~
こちらは三間飛車の入門書といってよいのではないかと思います。基本に忠実な三間飛車は防御寄りではありますが、相手の攻め手に応じて軽くさばき、カウンターを狙うという振り飛車独特の感覚が味わえるのが魅力です

photo0000-3406[1]

また、最新の研究で出てきた三間飛車の派生型戦法、「トマホーク」「三間飛車藤井システム」などは、基本の土台がしっかりしていないと、相手に定跡を外された途端ボロボロになりかねません。そういった意味でも基本中の基本を扱った本書は三間飛車党の土台作りに一役買ってくれると思います。

あとはノーマル三間飛車を扱っている書籍はまだ数が少ないのでこういった本が出版されるのは振り飛車党としてはうれしい限りですね。数年前まで入手できたのはほとんど絶版状態の本で価格も高かったので、そういった意味でもありがたい本です。

それでは、今回はこのあたりで失礼します!


これだけで勝てる三間飛車のコツ (マイナビ将棋BOOKS) [ 大平武洋 ]



~三間飛車関連記事~
・将棋本の紹介~これだけで勝てる石田流のコツ~
・将棋の本紹介~戸辺流なんでも三間飛車~
・将棋の本紹介~三間飛車新時代~
・将棋の本紹介~三間飛車藤井システム~

・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村