314770458f17327e2724f90d36ebe849_t

こんばんは。カラス好きの元図書館司書、Cieloです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、本日は三間飛車本の紹介となります。著:小倉久史,山本博志さんの三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS) [ 小倉 久史 ]です。

小倉先生は「下町流三間飛車」「小倉流向かい飛車」などで有名な先生ですね。山本博志さんという方は執筆当時奨励会三段だったのですが、小倉先生とは子弟の関係であり、本書を執筆するにあたり小倉先生が三間飛車党であった弟子の山本さんに協力を求めたという背景があります。

ちなみに山本さんは第63回奨励会三段リーグにて見事昇段をし、現在は四段=プロとなられています。

~本書の内容と特徴~
本書は以下の章で構成されています
1章.▲4六銀型石田流
小倉先生
2章.急戦向かい飛車小倉先生
3章.三間飛車穴熊小倉先生
4章.△後手5筋不突き型穴熊 対 ▲トマホーク戦法山本さん
5章.△5四歩型 対 ▲5六銀揺さぶり山本さん
6章.流行の△3一玉型左美濃:山本さん
7章.自戦記:小倉先生,山本さん

8章.次の一手  


以上が本書の構成になります。それでは、一部の章について解説していきたいと思います。
photo0000-3406[1]

2章.急戦向かい飛車について
「三間飛車本なのに向かい飛車?」と思われるかもしれませんが、三間飛車に振った後、相手の態度次第で向かい飛車に振る選択があるという事で載せています。つまり純粋な向かい飛車に比べたら一手損をしていますが、それでも対居飛車穴熊では十分に有力です。

また余談ではありますが、三間飛車というのは石田流を嫌って相手が早めに飛車先を決めてくる場合が多く、向かい飛車に振りなおすというのは有力な作戦です

こちらが石田流の駒組を見せて7筋の歩を2つ突いた後、角を7七に設置し、向かい飛車にする形をメリケン向かい飛車と呼んでいます。メリケン向かい飛車も急戦向かい飛車の1種ですが、本書の形は小倉流向かい飛車風の急戦向かい飛車です。

↓本書の急戦向かい飛車参考図
急戦向かい飛車その1
ここでは相手の△1二香車を見てから▲8八飛車と振り直しています。飛車交換をしてしまうと穴熊では不利になってしまうので、居飛車側が気を使う展開です。

3.三間飛車穴熊について
振り飛車穴熊自体の書籍は存在していますが、三間飛車に絞っていくつものテーマを扱っているのは本書以外には無いのではないかと思います。対穴熊、対左美濃、対急戦、対棒銀と気になるところを一通り扱っているのがうれしいポイントです。

また、本書で驚いたのは三間飛車穴熊側の攻撃陣を石田流に組む変化があることです。通常石田流というのはバランス重視の美濃以外とは相性が悪く、絶妙なバランスの上に成り立っている戦法なので初見では「ん?」となったのですが、本書を読み進めて答えがわかりました。
↓参考図
三間飛車穴熊
参考図は本書で扱われている変化の1図ですが、単純な話で先に振り飛車穴熊に籠ってから理想の攻撃陣=石田流に組めばよいという発想です。くれぐれも石田流→穴熊ではないのでそこは注意が必要です。

4.△後手5筋不突き型穴熊 対 ▲トマホーク戦法について
貴重なトマホーク本がまたもや出ました。こちらを執筆されたのは現在プロ四段になられた山本プロです。最近の若手棋士は研究量が凄く、昭和の大先生達でも研究範囲に入ってしまうとやられてしまうという恐ろしい時代になっています。


そんな若手の山本さんのまとめたトマホーク研究、非常に丁寧にまとめてあります。
トマホーク側の狙うべき筋をわかりやすく解説してくださっているので、図と若干違う形の実戦形でも考えを応用する事ができます。そして私が一番気になっていた、トマホーク側の端歩を角で取られる展開or2四歩で桂馬を飛ばさないようにする形に対してもしっかり対策を解説してくれています。 ↓トマホークの変化参考図
三間飛車トマホーク


以上、一部の章の説明をさせていただきました。本書は基本的な三間飛車の応用編のような立ち位置になるかと思います。内容自体は振り飛車党感からすると大満足なのですが、骨子の部分は育ちにくいかな?と思います。なので三間飛車の基本をある程度おさえた後、あるいは三間飛車の基礎本を買って読んでから本書を読むことをおすすめしたいです。

それでは、今回はこのあたりで失礼します!


三間飛車新時代 (マイナビ将棋BOOKS) [ 小倉 久史 ]



~三間飛車関連記事~
・将棋本の紹介~これだけで勝てる石田流のコツ~
・将棋の本紹介~これだけで勝てる三間飛車のコツ~
・将棋の本紹介~戸辺流なんでも三間飛車~
・将棋の本紹介~三間飛車藤井システム~

・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村