314770458f17327e2724f90d36ebe849_t

こんにちは、カラス好きの元図書館司書Cieloです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、今回紹介するのは相振り本なのですが、三間飛車限定の内容でまとめた珍しい書籍です。著:戸辺誠先生の「戸辺流相振りなんでも三間飛車 」になります。

本書は戸辺先生が書籍内で「三間飛車の専門本」とおっしゃっている通り、三間飛車党歓喜の充実した内容の本となっています。相振り自体も三間飛車が主流になっている事もあり、三間飛車だけを取り扱った専門書というのは中々に貴重でありがたいです。

~本書の構成~
本書は以下の章で構成されています
1章.先手三間飛車 対 後手向かい飛車
2章.相三間飛車の攻防
3章.後手三間飛車 対 先手向かい飛車
4章.
後手三間飛車  先手向かい飛車
5章.実践

上記が本書の構成になります。相三間飛車以外は定番の三間飛車 対 向かい飛車の図になっています。5章の実践では著者の戸辺先生の相公式戦での相振り三間になります。

ここで一部の章の解説をしていきたいと思います。
photo0000-3406[1]

2章:相三間飛車の攻防
相中飛車の本であれば鈴木大介先生の本があったかと思いますが、相三間飛車の解説本は現時点で戸辺先生のこの本しかなかったと思います。

この章の冒頭にて、戸辺先生は「相三間飛車においては一手分の利をうまく生かせれば作戦勝ち」とおっしゃられていますが、続けてそのためには手筋やポイントをたくさん知っておきたい」ともおっしゃられています。相振り全体にいえる事ですが、相振りでは駒組において技をかけられないよう慎重に動いていく必要があります。

いうなれば、手筋やポイントを知らないと簡単に技をかけられてひっくりかえされます。例えばですが、こういう局面はご存知でしょうか?
mukai

こちらは相振り戦にて先手が向かい飛車に振った局面ですが、これは迂闊な一手で後手の技が決まります。以下△3六歩▲同歩△同飛車▲3七歩△6六飛車▲同角△同角 これは手順の1例ですが、こういった筋が相振り飛車には潜んでいるので(特に三間飛車)、序盤の手筋やポイントはしっかりおさえておく必要があります

4章.後手三間飛車 対 先手向かい飛車
この先手向かい飛車とは何ぞやというと、6八銀→6七銀を保留して7七角→8八飛とすぐに向かい飛車に振る作戦のことを指しています。ちなみに3章の後手三間飛車 対 先手向かい飛車では6八銀→6七銀型にしてからの向かい飛車で解説をしています。

こちらの新向かい飛車の作戦は戸辺先生が「優秀」としていて、理由としては6七銀を保留して6八銀型で待機することによって、角道を開ける6五歩を早めに突ける事。これが三間飛車側には厄介で、下手な駒組をしてしまうと角交換からの相手からの角打ちのキズを作ってしまいかねないので神経を使います。

三間飛車側は3章の対向かい飛車では穴熊での対抗を解説していますが、4章の対新向かい飛車では穴熊は厳しいので、美濃囲いにして対抗する形を解説しています

3abc1e1d7009cd0aa69922c632d1503e_t


以上ざっくりと本書の内容を説明させていただきました。こちらは三間飛車の専門書と言われていた通り、内容の濃い三間飛車本になっています。ですが、向かい飛車の勉強目的で読んでも十分に勉強になります。相振りにおける戸辺流の手筋が満載ですので、振り飛車党、特に三間飛車や向かい飛車が好きな人は是非読んでみることをおすすめします

それでは、今回はこのあたりで失礼します!


 戸辺流相振りなんでも三間飛車 / 戸辺 誠 / 毎日コミュニケーションズ [単行本(ソフトカバー)

~三間飛車関連記事~
・将棋本の紹介~これだけで勝てる石田流のコツ~

・将棋の本紹介~これだけで勝てる三間飛車のコツ~
・将棋の本紹介~三間飛車新時代~
・将棋の本紹介~三間飛車藤井システム~
・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村