314770458f17327e2724f90d36ebe849_t

こんばんは。元図書館司書のCieloです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は最近出版された振り飛車本、著:佐藤和俊さんの緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム を紹介したいと思います。

最近はようやく三間飛車の基礎本が色々と出てきたなという印象ですが、本書は対居飛車穴熊、対左美濃における最新の三間飛車を扱っています。

三間飛車は非常に奥が深く、対居飛車穴熊に対しての作戦だけでも「カナケンシステム」「コーヤン流」「真部流」「中田功XP」など多岐に渡りますが、今回は本来四間飛車である藤井システムの思想を三間飛車に加えた三間飛車藤井システムになります。下記の基本図を見いただけると、なんとなく藤井システムの気配を感じとれるかと思います。
三間飛車藤井システム基本図

こちらの戦法の特徴としては、思想は藤井システムをそのままに、飛車を三間に振ります。この三間飛車と藤井システムの構想というのが非常にマッチしており、破壊力はそのままに、四間飛車では対応し辛かった急戦に対応しやすいという点があります。

~急戦に強い三間飛車と藤井システムの融合~
元々三間飛車というのは居飛車側の急戦に強い面があり、「先手三間に急戦なし」と言われるくらいに安定した戦型です。四間飛車の定跡を勉強された方なら、対斜め棒銀の定跡にて三間飛車が一手得をしているというのもご存じかと思います。

元祖藤井システムにも急戦定跡はあるのですが、形が非常に不安定になるのでかなりの序盤研究と力戦系統の力強さが求められます。そのせいかはわかりませんが、プロの間では後手番においての藤井システムはやや厳しいとされているようです。

しかしこの三間飛車藤井システムは後手番で真価を発揮する戦法なので、後手番でも使用できるうえに急戦にも強いという良いとこどりな戦型となっています。(後手番での手の遅れを利用した強襲があるため※参考図参照)
後手三間飛車藤井システム参考図
こちらが手の遅れを活かした三間飛車藤井システムの1例です。後手の振り飛車は美濃囲いの5二金が間に合っていませんが、その手の遅れを利用し、飛車を6筋へ振りなおします。いつでも△4五歩からの△6五歩の決戦があるので、居飛車側は穴熊に組みにくい状態になっています。

~本書の構成~
本書は以下の章で構成されています

1章.対穴熊編
2章.対急戦編
3章.対美濃編
4章.著者実践編


最近では居飛車穴熊だけでなく左美濃も流行りだしているので、そちらの対策も本書にて丁寧に解説してくれています。また1章の対穴熊編では三間飛車藤井システムと類似している、「トマホーク」と言われている形も紹介しており、数少ないトマホークの貴重な解説本にもなっています。
photo0000-3406[1]

~異色の振り飛車~
藤井システム系統の将棋全般にいえる事ですが、対居飛穴に特化した駒組を進めると「もうこれ振り飛車じゃないなw」っていうすごい形になることも少なくありません。
対居飛穴の理想形と言われている真部流。他にもカナケンシステム、コーヤン流の様に、振り飛車らしく戦いたいという美学を持った振り飛車党の方も大勢いらっしゃると思います。

ですが、藤井システムを使われた経験者の方ならわかると思うのですが、角筋を存分に活かして飛車、桂馬、香車で穴熊を解体していくのは非常に爽快です。あれほど強固に感じた囲いが本当に一瞬で砕けるあの衝撃、「今までの苦労はなんだったんだ・・・」と思わされるほどです;

居飛穴や左美濃に困っている方、最新の三間飛車を用いて居飛車の囲いを粉砕してしまいましょう!


緩急自在の新戦法! 三間飛車藤井システム (マイナビ将棋BOOKS) [ 佐藤和俊 ]



~三間飛車関連記事~
・将棋本の紹介~これだけで勝てる石田流のコツ~
・将棋の本紹介~これだけで勝てる三間飛車のコツ~
・将棋の本紹介~戸辺流なんでも三間飛車~
・将棋の本紹介~三間飛車新時代~


・他の将棋関連記事へ

・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村