01de1e4fd15492a8811ee037a745136f_t

こんにちは、カラス好きな元図書館司書のCieloです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回はちょっと変わった将棋の戦法本で、著:大石 直嗣さんのダイレクト向かい飛車徹底ガイド を紹介していきたいと思います。

~ダイレクト向かい飛車とは?~
ダイレクト向かい飛車とは主に後手番での作戦で、角交換後に銀を7七に設置し、さあここから角換わり的な駒組みかor角交換四間飛車かというところで、「いきなり8八に飛車を振る」戦法の事になります。こちらは現在将棋連盟会長で、綿密流と言われている佐藤康光九段が升田幸三賞を受賞した戦法になっています。
↓参考図
ダイレクト向かい飛車
ここで「ダイレクト」の名前の由来ですが、本来角交換後に飛車を振るのであれば、「飛車を四間飛車に振り、その後別の筋にふる」というのが常識でした。理由は簡単で、四間飛車以外の筋に飛車を振ると「筋違い角で歩を掠め取られ、その後の展開があまり良くない」とされていたからです。しかし、その筋違い角に対し、佐藤康光九段が対策を編み出して公式戦にて採用し、高勝率をおさめました
↓参考図
ダイレクト向かい飛車参考図2
※この筋違い角に対して佐藤先生が対策を練った。一目角成りが受からないが、定跡となった変化にて馬を捕獲する手順がある。


~居飛車党寄りの振り飛車?~
本戦法は、振り飛車党からすると感覚的に少々振り飛車っぽくない感じがします。展開によっては角が乱れ飛び、囲いも囲いとよべないような形でまとめる超力戦になるので、居飛車党が裏芸として使う振り飛車というのが非常にしっくりきます。(もちろん角交換振り飛車が好きな振り飛車党の人にも良い戦法だと思います。)

実際この戦法は居飛車党の方でもそこまで違和感なくさせる戦法だと思いますので、居飛車党の方にもおすすめできる戦法です。

本書の内容に戻りますが、扱っている内容は、

1.対持久戦
2.対筋違い角(対6五角)
3.対時間差筋違い角(対6五角)
4.後手9五歩型(こちらが端歩を突きこしている形)
5.実践偏

となっております。やはり天敵は「筋違い角」で、これの対策をできるかできないかで本戦法を採用できるか否かが問われるといっても過言ではありません。本書ではその筋違い角を2章に分けて細かく解説してくださっているので、ダイレクト向かい飛車を指したい!という方は必見の内容となっております。

また後半の実践偏も、どのような感じで局面が進行していくのかという具体例をプロの実践譜で見ることができるので非常に価値が高いです。特にこのような力戦模様になりがりな戦型において、プロの実際の指し手とその解説を見ながら勉強できるのはありがたいですね。

以上、「ダイレクト向かい飛車徹底ガイド」の紹介でした!


ダイレクト向かい飛車徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS) [ 大石直嗣 ]


・ダイレクト向かい飛車~関連動画集~

・他の将棋関連記事へ

・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

以下ダイレクト向かい飛車の関連書籍です。

ダイレクト向かい飛車最新実戦ガイド (マイナビ将棋BOOKS) [ 大石直嗣 ]


将棋世界(日本将棋連盟発行) ダイレクト向かい飛車の攻防【電子書籍】


将棋世界(日本将棋連盟発行) いますぐ指そうダイレクト向かい飛車いますぐ指そうダイレクト向かい飛車【電子書籍】