98eefbbbd491a04ed43f71f4e0fe82c8_t

おはようございます、元図書館司書Cieloです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は嬉野流を指すにあたって参考になる本その2となります。

前回紹介したのは「屋敷流二枚銀戦法」という書籍でしたが、今回は「飯島流相掛かり引き角戦法飯島流相掛かり引き角戦法」を紹介したいと思います。


本書は将棋世界2015年10月号の付録で付いてくる小冊子的なものとなっております。ただこちらの内容は、「屋敷流二枚銀戦法」や「奇襲研究所」ともまた違っており、棒銀の受け方や攻め方も前者の2冊とは違った新しいパターンを紹介してくれます。

また雑誌の付録の方はこれくらいのサイズなので、通勤時にも読みやすかったです。
DSC_0009


~飯島流引き角戦法の出だしからの変化~
飯島流引き角戦法では、途中で居飛車に戻されても大丈夫なよう、最初の駒組は慎重に行っていきます。本書は陽動居飛車?ではないですが、飯島流引き角の駒組をこちらがしている時に相手が普通で居飛車で来たらどうするの?という「飯島流引き角戦法」の補足的な説明が主です。

また、本書では角道を開けずに引き角にして居飛車へ対抗するので、筋違い角が苦手な方や、嬉野流使いの方々には、小ボリュームながらも満足できる内容になっているのではないかと思います。

飯島流引き角使いの方はもちろんですが、嬉野流使いの方々も必見です!


将棋世界(日本将棋連盟発行) 飯島流相掛かり引き角戦法飯島流相掛かり引き角戦法【電子書籍】


~嬉野流の関連記事~
・嬉野流~参考動画集~

・嬉野流関連記事~研究編~

嬉野流関連記事~参考書籍編~


・他の将棋関連記事へ


・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村