coffee-2390136__340

おはようございます、カラス好きの元図書館司書Cieloです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、
缶コーヒーを飲んでいる社会人の方は結構多いのではないかと思います。仕事前に気合を入れるために飲むと「よしやるか!」といった仕事スイッチが入る気がします。

やはり魅力としてはそのお手軽さでしょうか。ちょっと飲みたいなと思ったときに自動販売機で買えばすぐに飲めるのもgood。私は自宅でコーヒーを楽しむ際は、豆から挽いて自分で1から作ったり、粉を買ってきてコーヒーメーカーで作ったりしますが、それでも缶コーヒーを無性に飲みたくなります。

そんな缶コーヒーですが、私にとっては普通の缶コーヒーでは甘すぎるので微糖をよく買って飲んでいます。たくさんのメーカー産の缶コーヒーがありますが、その中でも私が飲んでみてオススメの缶コーヒーを3つほど紹介したいと思います。

~おすすめ缶コーヒー3選~

BOSS:贅沢微糖

サントリー BOSS 贅沢微糖 


これはもう愛飲して10年ほどになるかと思うので、それほどまでに気に入っている個人的No.1の缶コーヒーでございます。まず変なクセが無いこと、それでいて飽きにくくほどよい美味さがあり、迷ったらコレと自信をもって薦めたい缶コーヒーです。冷たくしても熱くしても両方美味しく飲めるのもgood。

キリン:挽き立て微糖

キリン FIREファイア 挽きたて微糖 



こちらも私が学生時代から愛飲している缶コーヒーになります。香りに関しては今回紹介する缶コーヒーの中では一番良いかもしれません。冷たくしてしまうと香りが落ちてしまうので、私はHotをおすすめしたいです。これからの寒くなる時期にはより美味しく感じられると思います。

ワンダ:金の微糖

アサヒ ワンダ 金の微糖 


こちらの特徴は後味のすっきりさでしょうか。あとは「特にここが良い!」っていうのがないのですがΣ(・ω・ノ)ノ 逆にいえば不満な点がほとんどありません。味も良いですし、こちらもアイスとホット両方美味いです。ただ、若干ホットのほうが美味しいかもしれません。

morning-819362__340

以上の3点を紹介させていただきました。微糖のよい所はなんといっても「微糖そのものにある」と思います。普通の缶コーヒーだと私にとっては甘すぎるので、すぐ胃もたれしてしまうんですね;
そんな私でも微糖なら1日3~4杯飲んだとしても全然平気なので、胃が若干弱めの人でも飲むことができるかと思います。

それに普通の缶コーヒーだと何か甘すぎて、後味も「これもはやコーヒーじゃないな」ってくらい砂糖とミルクに侵食されてしまってるのがあるんですね。やっぱりコーヒーそのものの味を楽しむという点においても、微糖の缶コーヒーは優れていると感じます

以上、微糖缶コーヒーのおすすめでした。

・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村