a17ccdb13a4d1c6322eeb6b9ad7e2213_t

こんにちは。元図書館司書のCieloです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、今回は著:山崎拓巳さんの「ひとり会議」の教科書 1日10分であらゆる問題がスッキリする を紹介していきたいと思います。

~悩める現代の人向けの本~
こちらの本も昔自分がお世話になった本になります。

普段やるべき事に追われて自分が何をしているのか、何がしたいのか、そういった事がわからなくなってきている人に向けの本になるかと思います。

ゆっくりと自分の頭で考える「ひとり会議」の時間を作ると、

1.やるべきことをはっきりとする
2.たくさん作業をこなしながらも一つ一つをゆっくり丁寧にこなせるようになる
3.「やらなければいけない」ことが「やりたいこと」へ変わる
4.抱えているいくつかの問題の解決
5.思いもしなかったアイデアやひらめきが生まれる

上記のような良いことが自然と起こる・・・そんな「ひとり会議」を楽しく実践してみようといった内容です。

business-2648052__340

~独特の雰囲気の本~

本書はなんと表現したらいいのか分かりませんが、読んでいてふんわりとした不思議な雰囲気があるように感じます。挿絵のゆるい感じもそうなのですが、読んでいてリラックスできる不思議な本でした。

また読んでいて気付いたのですが、「自分自身の頭で意図的に時間を作り、自分自身に色々な話題を問うてみる」という事をしたことがありませんでした。それは自問自答とも違い、一人で頭の中で議論を交わすので、会議と表現するのにふさわしいと思います。そしてやってみると結構面白いんですねこれが。

~ひとり会議実践例~

目の前に例えば仕事での課題が山積みになっていて、猫の手も借りたいくらい忙しい時にあえて10分程ひとり会議の時間を作ってみる。議題を「なぜこんな忙しいのか」と設定してみて、

なぜこんな忙しいのか→仕事が山積みだから→なぜ山積みなのか→一人でこなしきれる作業ではないから→本当に一人でできないのか?→A作業さえこなせればなんとか→人の手を借りることはできないのか→できる

と簡単な例ですが、最初に忙殺されそうなくらい忙しいと思っていたのが細分化してみると解決可能な問題だったとひとり会議の結論が出ました。

このように、この「ひとり会議の教科書」は自分自身の現状を正しく見つめなおし、現状脱却のきっかけをもたらしてくれる本だと思います。


「ひとり会議」の教科書 1日10分であらゆる問題がスッキリする 


・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村