c96e51cefcdff9fa3610df2de7388016_t

こんばんは。カラス好きの元図書館司書Cieloです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は将棋の戦法の一つ、「嬉野流」を指すにあたって私自身とても役に立った本を紹介したいと思います。

嬉野流は初手6八銀からの総合戦法のことを指しますが、そこからの変化で互いに居飛車の場合、

1.相手が棒銀でくる場合
2.相手が矢倉に組んでくる場合

とで駒組みや作戦が変わってきます。具体的には1.なら左銀を対棒銀用に防御に使いますし、2.なら斜め棒銀orカニカニ銀などで攻めていくのが主流かと思います。

1.に関しては天野さん著の「奇襲研究所」の中で、「飛車先交換型、飛車先不交換型」の棒銀をかなり詳しく解説してくださっているので、そちらをご一読いただければと思います。

2.に関しても「奇襲研究所」の中に記載はありますが、実は他の書籍でも似た変化をかなり深く掘り下げてくれている本があります。それが 著:屋敷伸之先生の屋敷流二枚銀戦法 超攻撃矢倉 になります。

~本書で学べる事~

相手が矢倉に組んできた場合、嬉野流側は基本的に斜め棒銀を見せていくことになりますが、素直に矢倉の駒組みだけ続けていると簡単に崩壊してしまうので相手も角を6四に設置して斜め棒銀を牽制にきます。そうすることでこちらの飛車のコビンを睨み、攻めにくくするんですね。

それに対抗して出てくるのがカニカニ銀模様の駒組みで、屋敷先生の本ではこの形からの変化を丁寧に説明してくださっています。もちろん「奇襲研究所」の方でもカニカニ銀の変化は扱っていますが、そちらの方ではカバーしきれていない細かい部分をこちらの本で研究する事ができます。

c30dd63823e66f527b31735329be60f6_t

~本書の手筋の威力~
本書の対矢倉の手筋の威力は凄まじく、こちらを読むだけでも対応の幅がぐんと広がるばかりでなく、相手の矢倉の駒組次第では一気に技をかける事が可能です。中でも私が一番役に立ったのは角銀総交換後の変化でした。

嬉野流を使っていると、矢倉に組んでくる相手に対して角銀総交換の変化になることが多いのですが、その局面からどう攻めるかが非常に重要で、そこの手筋を抑えるだけでもぐんと勝率がアップすると実感しています。本書はそんな嬉野流使いの方々の力強いバックアップになってくれるでしょう。

それでは、今回はこのあたりで失礼します!


屋敷流二枚銀戦法 超攻撃矢倉 (マイナビ将棋BOOKS) [ 屋敷伸之 ]


↓嬉野流使いのバイブル

奇襲研究所(嬉野流編) (マイナビ将棋BOOKS) [ 天野貴元 ]


~嬉野流の関連記事~
・嬉野流~参考動画集~

・嬉野流関連記事~研究編~

嬉野流関連記事~参考書籍編~

・他の将棋関連記事へ


・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村