common-raven-3180827__340

こんにちは、カラス好きな元図書館司書のCieloです。本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、図書館という場所は非常に居心地が良い場所ですよね。勉強から考え事まで、静かで本に囲まれている環境は本好きにはたまりません。そんな図書館で働きたいと思った方も多いのではないでしょうか。それでは、今回は「図書館で働く」ということをテーマに書いていこうと思います。

library-488690__340


図書館の種類~
図書館というと、大多数の人が想像するのがまず公共図書館。次点で学校の図書室や大学図書館等でしょうか。しかし+αである分野に特化した専門図書館や企業の中にある企業図書館(図書室)等もあります。

雇用形態~
図書館で働くというと、「公共図書館なら地方公務員、大学図書館なら大学職員」と思いがちですが実際はその限りではありません。現代の図書館は業務委託化が非常に進んできていますので、色々な図書館、図書室に企業の人間が居ます。公共図書館に関してはアルバイトも多いです。つまり、昔に比べると高く狭き門というわけでもなく、働こうと思えばアルバイト、契約社員や正社員として働くことが可能です。

給料~
気になる給料ですが、アルバイトなら一般的なアルバイトの平均給与くらいはいただけます。契約社員や派遣では、東京で大体月10~16万程でしょうかもちろん司書資格を持っていたり、英語がぺらぺら、ILLといった難しい業務をこなせるとなるとどんどん給与は増えます。正社員なら会社にもよりますが、月18万↑~+ボーナスがあったりします。こうなると普通の会社員みたいですねw 


bookshelf-1082309__340


大学職員、地方公務員として図書館で働く~
こちらは狭き門を通った上での図書館業務になりますので、給料は年間300↑になるかと思われます。しかし、「図書館という場所で働くことに拘る」のであれば職員や公務員はおすすめしません。

私は10数箇所の大学図書館を回っていた経験があり、色々と大学事情等にも通じる機会があったのですが、まず大学職員は

1.大学職員は異動が当たり前。図書館で働き続けられる例はあまりない
2.行う業務は主に運営。図書館業務というよりかは会社運営に近い

と上記の2点からあまりおすすめしません。

地方公務員に関しては
1.まず門が狭すぎる。苦労して入っても、配属されるかどうかは運しだい。
2.やはり別部署への異動がある。


とこちらも似たような理由ですね。

どちらも給与自体は図書館で働けるのであれば最高峰です。が、仕事内容や勤務できる年数に不安が残ります。
phone-1052023__340

~図書館司書らしく働く~
最初の方で書かせていただいたとおり、最近の図書館は委託化が進んできており、カウンターに座っている人間が職員ではなく企業の人間だったという事が当たり前になってきています。そこそこの給料が稼げてなおかつ図書館司書らしい仕事をしたいのであれば、私は企業に入って「契約社員」「正社員」として働くことをおすすめしたいです。

それでは今回はこのあたりで!

参考文献など↓

赤木かん子の図書館員ハンドブック (はじめて図書館で働く人のために) (単行本・ムック) / 赤木かん子/著



司書になるには (なるにはBOOKS) [ 森 智彦 ]


図書館のしごと よりよい利用をサポートするために 川戸理恵子/監修 小林卓/監修 中山愛理/監修 国際交流基金関西国際センター/編著


司書のお仕事 お探しの本は何ですか? (ライブラリーぶっくす) [ 大橋崇行 ]



・TOPへ戻る








にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村