3007fd46c99df165d6b07e80e20d0034_t

今回紹介するのは、今では結構知っている人も多いかもしれませんが 著:松原始さんのカラスの教科書 です。

~カラス好きの入門書~
このカラスの教科書を書いた松原先生は、大学生時代に教授の一言でカラスの研究を始めた事からカラスの魅力に触れたようです。現在日本で一番カラスに一番詳しい先生なのではないでしょうか?

そんな松原先生の書かれたこの本、表紙からしてかわいい「カラス君」のイラストが目を引きますが(イラストは植木ななせさんという方が書かれています)、内容もカラスについて非常に細かく解説しつつも、松原先生の人柄ゆえか全然堅苦しい文章ではなく、活字慣れしていない人でもすらすら読めてしまいそうだと感じました。

所々でてくるカラス君のかわいいイラストと、松原先生のリアルなカラススケッチ画もgood。この本を読むだけで大体カラスの「基本的な」知識はおさえられるはずです。

crow-2825010__340

~カラスの教科書との出会い~

私はこの本を、当時勤めていた大学図書館の同僚から教えてもらいました。それまでの私はどちらかというとカラスに良い印象を持っていなかったのです(大多数の人がそうかもしれませんが)。ただ、この本を読んでから、カラスに対する印象が確かに変わりました。

カラスの目に付く嫌な部分というのは、「カラスが他の鳥と比べて人と距離が近いゆえに、他の鳥よりも行動が目立つ、なおかつ生きる為に必要な行動が結果的に人間にとって悪いように見えてしまうだけ」という事に気付きました。

例を挙げると
1.ゴミを荒らす
→もちろん生きるためです。人間の出したゴミはカラスだけではなく他の動物にとっても絶好のご馳走です。特にカラスは鳩と違って本来の体重の90%を下回っただけでよれよれになってしまうくらい空腹に弱いのです。

2.人を襲う
→子供を守るためです。営巣時期のカラスは非常に攻撃的になりますが、それは我が子を守ろうとする親の愛に他なりません。巣に近づいたりしなければ基本的に襲われることはないです。あと大体カラスは攻撃する前に怒ったような声を上げたり、木の枝をぽきぽき折り始めたりするのでそういったサインに気付かず、結果攻撃されるというパターンが多いのではないでしょうか。

あとこれは豆知識ですが、基本カラスの攻撃方法はとび蹴りです。なぜ嘴で突かないのかというと、それなりのスピードで嘴から突っ込んでいったら首の骨が折れるからです。そして怪我する人は、大体カラスの蹴りに驚いて転んで怪我をします。カラスの攻撃自体はたいしたことありません。

bergdohle-3088224__340


これ以上書いたら止まらなくなりそうなので、このあたりにします;ちなみに上記のカラスに関する知識もカラスの教科書にて詳しく解説されています。ちなみに前まではカラスがあまり好きではなかった私も、今では動物の中でカラスが一番好きです。それくらい価値観を一気に変えてしまうパワーがこの本にはあると思うので、気になる方は是非ご一読することをおすすめします!


カラスの教科書 [ 松原始 ]