314770458f17327e2724f90d36ebe849_t

こんにちは。カラス好きな元図書館司書のCieloです。本日はブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、今回は居飛車党と振り飛車党双方にオススメしたい本があります。それは著:安用寺考功さんの1冊で全てわかる向かい飛車 その狙いと対策 です。

~振り飛車の中でも最もマイナー?な戦法~
向かい飛車という戦法は振り飛車の中でも最もマイナーな戦法なのではないでしょうか。理由としては簡単で、相手が飛車先を決めてくれないと真価を発揮できない戦法だからです(ダイレクト向かい飛車は一つ歩を突かれただけでも使えますが)。

ただ、カウンターが決まった時の爽快感と戦法自体の攻撃力もあり、向かい飛車が一番好きだという人は多いと思うのです。(私は向かい飛車、三間飛車、中飛車、四間飛車の順で好きです)

しかし向かい飛車の書籍はなかなか出版されず、今まで出版されていた本に関しては単に物凄く古くて高価だったり(升田幸三先生の本など)、局面がある指定された局面からの変化しか紹介しておらず、もっと多岐にわたる内容がほしいなぁと思う本だったり(名前は伏せます;)、対策されてしまい損な作戦になってしまった向かい飛車の派生型戦術書(小倉流向かい飛車、メリケン向かい飛車など)だったりと、無難に向かい飛車が学べる1冊というのはありませんでした。

photo0000-3406[1]

しかし、この本が出版された事によって簡単に最新の向かい飛車に関する知識が学べるようになりました。1.角道を止めた形 2.角道オープン 3.メリケン向かい飛車 4.角交換向かい飛車 5.角頭歩向かい飛車と一通り紹介されています。また、向かい飛車側からの仕掛けの成功例から、それに対する居飛車側の対策まで、居飛車党、振り飛車党のどちらが読んでも為になる1冊だと思います

居飛車党の方で「向かい飛車対策は完璧!」という方は少ないのではないでしょうか。むしろ苦手にしている人が多い印象を受けます。そんな居飛車党の方にもおすすめできる1冊になっています。

それでは、今回はこのあたりで失礼します!


1冊で全てわかる向かい飛車 その狙いと対策 [ 安用寺孝功 ]



・他の将棋関連記事へ

・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村