98eefbbbd491a04ed43f71f4e0fe82c8_t

こんにちは、元図書館司書のCieloです。本日はブログをご覧いただき、ありがとうございます。

さっそく趣味全開の本紹介になってしまいますが、著:天野 貴元さんの奇襲研究所(嬉野流編)を紹介したいと思います。こちらの本は将棋の戦術書になるので、ある程度将棋が理解できている方向けの本になります。

内容は「嬉野流」という戦法を解説したものになります。アマ強豪の嬉野さんが開発した戦法に著者の天野さんが目を付け、独自に研究をして本にまとめられました。(著者の天野さんは2015年10月に若くして癌により亡くなられており、こちらの本が最後の著作となられました。)

business-2648052__340

嬉野流とは?

嬉野流の解説をざっくりいたしますと、最初に左の銀を先手なら6八に、後手なら4二銀と上がりそこから力戦に持ち込むのが狙いです。こちらの本が出版された当時は初手の銀上がりからの三手目角引きが主流でしたが、2018年10月現在においては発案者の嬉野さんが「新嬉野流」といった差し回しをしており、そちらでは場合によっては角引きを保留する場合もあります。

本書は初手の銀上がりから角を引き角にして戦う事を主軸とし、そこからの変化を多岐にわたって紹介しています。前半の大部分は対居飛車の解説、後半に対振り飛車の解説が入っています。

個人的にこの戦法の良さは

1.筋違い角を拒否できる
2.定跡外で攻めるので、対策を知らない人、時間の少ない将棋において勝ちやすい
3.基本は居飛車だが、相手の対応によっては振り飛車もできる
4.相手のどんな戦法にもある程度は対応ができる


以上の4点だと考えています。特に1.が私にとっては大きかったです。振り飛車党の方なら誰でも筋違い角で頭を悩ませた経験はありませんか? 正直私はかなり困らされました。

しかし、普通の居飛車は定跡が多くて面倒に感じてしまう・・・そんな時にこの嬉野流の本に出会いました。今私の持っているこの本は読みすぎてもうボロボロになってきています;

筋違い角に困っている方、少し変わった戦法が好きな方には是非おすすめしたい一冊です。


奇襲研究所(嬉野流編) (マイナビ将棋BOOKS) [ 天野貴元 ]



~嬉野流の関連記事~
・嬉野流~参考動画集~


・嬉野流関連記事~研究編~

嬉野流関連記事~参考書籍編~

・他の将棋関連記事へ


・TOPへ戻る



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村